外壁塗装の簡単な流れ

外壁塗装をする上でのポイント

外壁塗装の始まりから終わりまでを、簡単に説明します。

外壁塗装の簡単な流れ

外壁塗装をはじめ、屋根やブロック塀の修繕ですが、ここでは外壁塗装の簡単な流れについて挙げていきたいと思います。

まず、塗装する部分をほうき等で埃を払った後に水洗いします。

高圧洗浄機器を利用しての洗浄が手早く便利ではあります。

一般の方でもだいぶ手に入りやすくはなりましたが、そう手軽に買える物でもないでしょう。

ホースで水を当て、デッキブラシなどで磨く方法で十分です。

塗料の飛び散りを防ぐために、ビニールシートで養生します。

塗装する部分に「シーラー」と呼ばれる下塗り材を塗ってから、本塗装に入ります。

溶剤系塗料はうすめ駅で適当に薄めて、ハケやローラーを使い分けて塗っていきましょう。

溶剤系塗料は薬品独特のきつい臭いがあります。

日曜大工程度の修繕なら、水性塗料を使っても良いでしょう。

塗装を終えたら、養生シートを片づけますが、この時の注意点としては、塗料が乾ききってしまう前に養生シートを剥がしましょう。

以上が、ご家庭で塗装する場合の簡単な流れになりますが、足場を組むような大規模な外壁塗装や修理は、業者に依頼した方が少なくとも効率は良いですし、特に屋根修繕ともなると事故や危険が伴いますので、無理はしないようにご注意ください。
【PRサイト】

〜外壁塗装、外壁リフォーム無料相談.comで納得の選択を〜

外壁塗装をする上でのポイント Copyright (C) www.thebutterbeanshop.com. All Rights Reserved.